08

「仏事のこころ」 (願行寺 鹿本地上師)

執筆者: 布教団HP担当 (7:02 pm)

   私のいのちは 私一人のものでなく
 お父さんお母さんのものです
 そして お父さんお母さんのものだけでなく
 それぞれの おじいちゃん おばあちゃんのものです
 それは また
 ひいおじいちゃん ひいおばあちゃんのもので
 もちろん ひいひいおじいちゃん ひいひいおばあちゃんのものでもあります
 粗末になんか できますか
 不幸になんて なれますか
 いのちの根は いま 私に託されているのです

 これは、中日新聞に載っていた「いのちの根」という八木春美さんというお方の詩です。



 私のいのちの背後には無量のいのちがあります。亡き人を偲びつつ心静かに合掌するとき、いのちの深さ、広さに思いをいたすことができます。

  すべての生き物は例外なくいのち終わりますが、我々の平生は死ぬことなど忘れて、より豊かに、より有意義にと願って生活しています。それだけに身近な人の 命終は、家族の愛、医療努力など、人知のすべてが何一つ間に合わなかったことを知らされ、生かされて生きることを噛みしめる、かけがえのないご縁です。

  亡き人を偲ぶ心は、楽しかったこと、充分してやれなかったこと、言わなければよかったこと、叱られたこと、悲喜こもごもですが、「亡き人を思う心は、亡き 人に思われている証拠でもある」ともいわれます。浄土真宗の仏事は、すべて、ご恩報謝の営みであり、私を教え導くためのものであることを心したいもので す。

 我々は一回限りのこの人生を、悔いなく生きているのでしょうか。

 亡き人を敬い仏事を行うのは、仏事には、無常を忘れて暮らしている私をして、人生の厳格な事実に目を覚ませるはたらきがあるからです。

 このたびの仏事に「南無阿弥陀仏」と念仏申して、亡き人から呼びかけられている、共なるいのち、永遠なるいのちに目覚めて、ひと時ひと時を、大切に過ごしたいものです。

17

行事案内

10月
20

2019/10/20 15:00 - 17:00

10月
25

2019/10/25 16:00 - 18:00

10月
27

14:00 2019/10/27 - 12:00 2019/10/28

10月
28

2019/10/28

10月
29

14:00 2019/10/29 - 12:00 2019/10/30

10月
30

2019/10/30 08:30 - 16:00

11月
1

2019/11/01 10:00 - 12:00

11月
1

2019/11/01 13:30 - 15:30

11月
1

2019/11/01 13:30 - 15:30